トップ ≫ 2013年度記事

2013年度記事アーカイブ

1
公益社団法人 串木野青年会議所 2013年度 スローガン

「想い溢れる 地域のために 今、行動の時」 

はじめに

いま世界では、中国の台頭により情勢が大きく変わろうとしています。そんな中、日本では、今なお続く経済不況、政治の不安定感等、戦後第3の転換期であると言われている中、東日本大震災から2年が過ぎようとしています。
この震災で被災地の方々は、家族や知人、それまでの生活等様々なものを失いました。しかし、我々日本人は、この震災により日本人の誇りや価値観、絆といった改めて気付かされたもの少なくありません。
それまでの生活を取り戻そうと懸命に生きている被災地の人々が『この土地で生きてきたから』、『このまちが好きだから』、『このまちの為にも』と力強く口にしている報道を見たとき、これこそまちづくりの本質ではないかと思わずにはいれませんでした。

『このまちの為に』この言葉を深く胸に刻み、気概と覚悟をもってこのまちと向き合い、青年会議所運動を展開して参ります。

地域に住む青年として

わが故郷いちき串木野市を含むこの地域は、豊かな自然、歴史と文化、地理的特性に育まれ、先人より受け継がれてきた特産品にも恵まれ、「まちのたから」と呼べるものがたくさんあります。地域の共存共栄を図る団体として、このような地域住民の誇りとも言うべき「まちのたから」を次世代に継承し、広く発信することでこの地域の「たから」をより多くの方々に理解して頂くよう働きかけを行って参ります。

また、前回の首長選挙での「ローカル・マニフェスト型公開討論会」や「衆議院選挙鹿児島第3区立候補予定者公開討論会」等、串木野青年会議所は、政策本位による政治選択の重要性を発信して参りました。
そのまちに住む人が自分のまちのことを自分の問題点と捉え、より良いまちにする為に自ら行動することが求められます。その為に我々自身がまちづくりについて考え、議論をし、さらには市民の方々が自分たちのまちについて考える機会を提供していきます。

この地域に今必要なものは何なのか、この地域の為に何が出来るかを責任世代と言われている我々が行動、実践していく事こそ、我々青年会議所が目指す明るい豊かな社会が実現出来ると確信します。

地域に住む大人として

子ども達を取り巻く環境は、情報化社会の流れの中で、日々著しく変化しています。日本人が元来持ち合わせている精神性や道徳心は薄れ、間違った個人主義や他者への無関心からコミュニティーの構築ができない子ども達が増えているとも言われております。

近年の核家族化や少子化、地域における人間関係の希薄化によって地域の教育力の低下も指摘されています。確かに幼少の頃は近所の知らない大人に怒られることもしばしばありましたが、最近そういう大人を見ることも少なくなりました。子ども達の将来を見据え、これからの地域の担い手となっていくであろう地域のたからである子ども達に我々大人がどんな背中を見せることができるのかを考え、地域の子ども達は地域で育てるという意識をもち、学校・地域・家庭が連携し地域の教育力を向上させていく事も我々青年会議所の役目であると考えます。

公益社団法人串木野青年会議所として

本年度は、公益法人格取得元年となります。串木野青年会議所36年の歴史に、新たに、「公益社団法人串木野青年会議所」としての歴史を積み重ねるスタートの年となります。今までの先輩方が築き上げた歴史と伝統を受継ぎ、変わらないために変わる第一歩を踏み出したのです。これからも「明るい豊かな社会の実現」に向け、地域に必要とされる公益性の高い事業を展開し、様々な事業が広域地域、そして串木野青年会議所まちづくり運動の新たなる礎を創るものとなるよう活動して参ります。

最後に

青年会議所は、20歳から40歳までのこの地域に住む『まちづくり』、『ひとづくり』を行っている団体です。

私は、2008年に(社)串木野青年会議所に入会し、先輩の背中を追い駆けながら、様々な事業を通じて、自分が住むまちについて考える様になりました。

この時代に私は青年として、経済人として、この地域がより良く発展していき、笑顔があふれる地域になるために、今、本気で地域と向き合い、この地域の事を考え、行動することがより良い未来へとつながっていくと確信します

2013年2月13日 14:13    「2013年度 理事長所信」の全文を読む

基 本 理 念

元気で明るい地域の未来のために 気概と情熱をもって地域社会を創造する

基 本 方 針
  • 公開例会及び出席率100%例会の実施
  • 14名以上会員拡大(拡大率33%)の達成
  • 市民主体のまちづくりの推進及び市民意識の醸成
  • 地域を担う青少年育成事業の実施
  • まちの資源発掘による誇れる郷土の発信
  • ホームページの運用管理によるJC活動の発信
  • 公益法人としての取組み
  • 日本JC、各協議会との連携並びに参画

2013年2月13日 14:12    「2013年度 理事長 基本理念」の全文を読む

串木野青年会議所組織図

串木野青年会議所組織図

出向者
公益社団法人 日本青年会議所未来グループ 復興支援委員会 委員 坂口 重樹
公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会
希望が漲る未来創造委員会 委員長

公益社団法人 日本青年会議所 九州地区協議会 活力漲る地域創造グループ 
未来の環境創造委員会 委員
今釜 誠義

公益社団法人 日本青年会議所 九州地区 鹿児島ブロック協議会
勇壮なる鹿児島創造委員会 担当副会長
西田 憲智

2013年2月13日 11:56    「2013年度 串木野青年会議所組織図」の全文を読む

役員
役職名 氏名 勤務先
理事長 髙濵 良太朗 ㈱髙浜蒲鉾 代表取締役社長
直前理事長 西田 憲智 ㈲西田塗装 代表取締役
副理事長 栫 要一郎 ㈱富士工業所
副理事長 芹ヶ野 豊 ㈲芹ヶ野自動車整備工場 専務取締役
専務理事 藤田 崇史 ㈲藤田設備工業所 工事主任
監 事 長倉 寿賢 ㈱昭和ステンレス工業
監 事 前田 秀文 前田建窓ガラス㈲ 専務取締役
財務担当理事 小原 雅史 串木野建設工業㈱ 代表取締役
事務局長 上小鶴 一善 上小鶴測量登記事務所 代表
総務渉外委員会
役職名 氏名 勤務先
委員長 濵田 拓志 今堀安紀税理士事務所
副委員長 榎木 直也 市来大里郵便局 主任
委員 中川 将充 Food&Bar KARMA 代表
委員 平石 智也 濵田酒造㈱薩摩金山蔵 支配人
委員 松下 亮 ㈱南日本銀行 串木野支店
青少年開発委員会
役職名 氏名 勤務先
委員長 松元 智慶 福上産業㈱
副委員長 坂口 重樹 ㈲坂口造園
委員 梅木 和宏 鹿児島相互信用金庫 串木野支店
委員 久徳 敦 フラワーハウスQ's 代表
地域力開発委員会
役職名 氏名 勤務先
委員長 田口 雅孝 えがおでドットコム 代表
副委員長 今釜 誠義 亀﨑染工㈲ 営業
委員 海邉 浩司 鹿児島信用金庫 串木野支店
委員 上田橋 輝 ㈱鹿児島銀行 串木野支店

 

 

2013年2月13日 11:56    「2013年度 会員紹介」の全文を読む

総務渉外 委員会 委員長 濵田 拓志

今年から、「公益社団法人串木野青年会議所」として新たにスタートしました。

私たちの委員会では新年会や公開例会を通じて、串木野青年会議所がどのような活動を行っている団体なのかを、地域の皆様方に今まで以上に広くアピールしていきます。
優良会員褒賞・表彰では、事務局や他の委員会と連携を取りながら会員の出席率向上を目指し、組織の絆を創っていきます。

入会3年目ではありますが、初めての委員長ということもあり、不慣れな点や行き届かない点などあるかと思いますが、皆様からのご指導・ご協力を頂きながら頑張って参りますので宜しくお願い致します。

総務渉外 委員会 事業内容
  • 新年会(1月14日)
  • 例会・総会(通年)
  • 優良会員褒章・表彰(通年)
  • JC記録及びメモリアルフォトブックSQEM(通年)

2013年2月13日 11:55    「2013年度 総務渉外委員会 活動内容」の全文を読む

青少年開発 委員会 委員長 松元 智慶

本年度青少年開発委員会の委員長をさせていただくにあたり、子を持つ親として子どもたちに人をおもいやる心を十分に教えられているか疑問を持ちました。
核家族化や地域交流の希薄化によって、学ぶことが難しくなってきている人へのおもいやりの気持ちや絆の構築が必要であると感じました。

そこで、私たちの委員会では子どもたちに、人とのふれあいやおもいやりの心を学んでもらう活動をしてまいります。

委員会メンバー一丸となり、取り組んで参りますのでご理解、ご協力を宜しくお願い致します。

青少年開発 委員会 事業内容
  • JC杯 いちきくしきのかるたとり大会(2月16日予定)
  • 一緒に育てよう相手を思う気持ち(6月16日予定)
    青少年による交流事業

2013年2月13日 11:53    「2013年度 青少年開発 委員会 活動内容」の全文を読む

地域力開発 委員会 委員長 田口 雅孝

昨年は2012年度事業として、おたから発見★いちき串木野実行委員会を立ち上げさせていただき、ガイドブックの制作や、第1回検定の実施など行いました。
それらの事業を通して、我々の郷土には、先人が作り上げた歴史・文化・伝統・史跡や、海産物・農産物、特産品といった地域資源など、故郷の『たから』と呼べるものが、多数存在していることを再確認でき、地域づくりためのヒントも多く得られました。

今年は、より多くの方に故郷いちき串木野の『たから』について知っていただくために、公式サイトの制作、イベントなどでのPRなどに積極的に取り組み、おたから発見★いちき串木野事業を一層アピールしていければと思っています。また『たから』の情報をより充実させるための取材・調査活動や、市民の方からの『たから』情報の募集なども行っていければと思っています。

皆様の前に出てお話を聞かせていただく機会や、情報提供などの協力をお願いすることもあるかと思います。ご協力よろしく何卒お願い致します。

地域力開発 委員会 事業内容
  • おたから発見★いちき串木野 公式サイト制作(4月公開予定)
  • おたから発見★いちき串木野検定(8月予定)
    郷土の『たから』を活かした「第2回いちき串木野検定」の実施

2013年2月13日 11:51    「2013年度 地域力開発委員会 活動内容」の全文を読む

1