トップ≫ ≫ くしきのかるた ≫ くしきのかるた あ行

くしきのかるた あ行

アジアに開け 串木野新港

串木野あ串木野港は、その用途で3つに分けられます。

小型船用の内港、大型船用の外港、 商船や旅客船を扱う新港の3つです。

串木野 市内の港は、この他に小瀬港、島平港、羽 島港、土川港があります。

1トンから石から 金7g

串木野い金の採掘は古くは生福地区の芹場で 江戸時代の万冶3年(1660年)の頃より始まっています。

1tもの重さの金鉱石 からわずか7gの金しか採取されません。

金の採掘は機械のなかった時代では、それだけ大変な仕事だったことでしょう。

うしがそどすっ ガウンガウン祭り

串木野う野元の深田神社で年1回旧暦の2月2日に、 豊作を祈る祭りとして行われます。

田植えの様子をテチョと呼ばれるお父さん役と、 子供役の太郎・次郎、牛に扮した人によって寸劇が繰り広げらます。

笑顔でだいやめ もう一杯

串木野えだいやめと家族の笑顔はお父さんの明日への活力。

焼酎王国鹿児島ならではの風習かも 知れませんが、晩酌をしてだれ(疲れ)を 止めさせるというのが、語源でしょう。

ちなみに、だいやめの時に食べるつまみをシオケといいます。

おいつけおいこせ 浜競馬

串木野お馬が農耕や荷馬車として活躍していた頃、 荷馬車組合が馬自慢で競馬をしたのがきっかけ。

昭和32年から毎年4月中旬頃、照島海岸でおこなわれ、今では多くの見物客を集める串木野の名物行事に なっています。

2013年2月10日 17:17