トップ≫ ≫ くしきのかるた ≫ くしきのかるた や行

くしきのかるた や行

野菜もたっぷい がねん天ぷら

串木野やさつまいも・にんじん・ごぼう・しょうが等のせん切りを、小麦粉・卵・水・砂糖・醤油で作った衣に混ぜあわせ油で揚げたもの。

揚げた形が、がね(蟹)に似ている所からそう呼ばれています。

また、各家庭で材料や味付けが違い、母の味のひとつにもなっています。

ゆうこちょ聞かな 面どんがでっど

串木野ゆ面どんとは、鹿児島弁でお面を被ったお化けの事を言います。

子供が言う事を聞かない時に、親が叱り文句にしばしば使っていました。

夜もきれいな ロータリー

串木野よ戦後の復興事業による都市計画が実施され、県内でもめずらしいロータリーを中心にした放射状の道路がつくられました。

以前はフェニックスなどが生い茂る緑地でしたが、平成4年8月にロータリー噴水として生まれ変わり 、夜にはライトアップされてとてもきれいです。

2013年2月10日 17:17