トップ≫ ≫ いちきかるた ≫ いちきのかるた か行

いちきのかるた か行

カエルもびっくり どんこ石

市来かどんこ石

池ノ原公民館の山の中にある岩は、カエルが座っているような形から 「ドンコ石」と呼ばれている。

奇跡の蹄鉄 神馬の足跡

市来き神馬の足跡

大里鶴ヶ岡八幡宮石段の途中に直径約10cm程度の窪みがある。

これは言い伝えでは神馬の足跡と呼ばれている。

クロガネモチは 市来の木

市来くクロガネモチ

クロガネモチ(黒鉄黐)とは、モチノキ科モチノキ属の常緑高木。

高木であるが、あまり高くならず、自然状態では明るいところを好む。

葉は革質で楕円形やや波打つことが多く、深緑色。

表面につやがある。若い茎には陵があり、 紫っぽく色づくことが多い。

たくさんの果実を 秋につける。

果実は真っ赤な球形で、直径6mmほど。

景色は最高 轟ケ鼻

市来け轟ケ鼻

市来の町が一望できるスポット。昔は小学校の遠足スポットでした。

また、夕暮れ時にここから眺める東シナ海は格別に綺麗です。
  

孝行息子の 徳右衛門

市来こ徳右衛門の墓

江戸時代、湊にあった唐人町(今の土橋町)に住んでいた徳右衛門は、すべてを犠牲にして母親に孝行したので、 薩摩藩主島津宗信公から賞賛され、後世までその徳がしたわれた。

2013年2月10日 16:38