トップ≫ ≫ いちきかるた ≫ いちきのかるた さ行

いちきのかるた さ行

さくらもきれいな 観音ケ池

市来さ観音ケ池

千本桜、つつじ、あじさい、花しょうぶ園など、四季を通じて憩いの場となっており、特に4月上旬の桜はすばらしく花見客で賑わいます。
  

白猿すんでる 日吉山王神社

市来し日吉山王神社

創建は不明だが、石段寄進碑には元禄八年(1695年)と刻んである。

大里門前に所在するこの神社は、大里七社の ひとつである。

白猿が住んでいると言い伝えられている。  

水害防ぐ 市来ダム

市来す市来ダム

八房川の上流に位置するダムで昭和56年(1981年)に完工しました。

川の氾濫を防ぐために作られたダムで、市来のまちを 守り、みんなが安心して暮らせる生活を支えています。
  

先生育てる 第二師範学校

市来せ第二師範学校

大正9年4月、鹿児島第二師範学校が西市来村に創立された。

今の市来農芸高等学校の場所に昭和9年3月末日まで14年間にわたり、県下の初等教育に従事する教員の養成に あたった。

市来農芸高等学校の正門には、今でも「第二師範学校之碑」が残っている。 

祖先は川上 大久保どん

市来そ大久保利通祖先の墓

大久保利通の祖先は、鹿児島の城下に住んでいたが生活に困窮し、中宿制度を利用し市来の川上の地に やってきた。

数代もの間(7代80年)住んでいたが、 直系の祖先は鹿児島へ復帰し、分家は川上の地に残った。

この祖先の墓が小渕脇に立っている。川上小学校後ろの邸宅は大久保利通祖先が暮らしていた家である。

2013年2月10日 16:38