トップ≫ ≫ いちきかるた ≫ いちきのかるた な行

いちきのかるた な行

流れ豊かな 八房川

市来な八房川

全長15.5km。八房川の上流には、川上貝塚があり河口付近では潮干狩りが 楽しめる。

八房川、大里川は共に東市来町の重平山付近が源流であり、八房川は北東から町中央北部を 流れ、大里川は南東から西部を横断して、 湊町で合流し東シナ海に注いでいる。

にっこり笑顔で 市来の子

市来に市来の子供

笑顔は心も身体も健康にします。

ピンチをチャンスに変え、人生を豊かにするといわれています。

いつも笑顔を忘れずに、家や学校で元気よくあいさつをしましょう。
  

ぬかるみふんばる 学童田んぼ

市来ぬ学童田んぼ

はじめは慣れない田んぼにおっかなびっくりだった学童たちも、次第に長靴をぬいで田んぼに入り、泥んこになりながら笑顔で田んぼ内を 歩き回っていました。

他にも、自分からすすんで苗を取りに行き、植える場所を教えあいながら植える学童たちの姿もあったりと、楽しく田植えを行いました。

願いが通じた 倒住さあ

市来ね床次倒住さあ

大雨で大里川が氾濫をおこし、藩主の補助と指導を得て工事を行ったが、大雨で何度も壊され、現場監督は日吉山王神社のご神託を受け、自らが人柱となって工事は無事に完成しました。
  

野牧の入口 今は外戸(けど)

市来の市来野牧

旧東市来から市来にかけて馬を飼育するための野牧があった。毎年4月頃、馬追いを行い二才馬を藩へ差し出していた。

この馬追いは一大行事で皆弁当を持って見物に出かけていたという。

現在の外戸という地名はこの野牧の入口で あったことからその名が付いたと言われている。

2013年2月10日 16:38