トップ≫ ≫ いちきかるた ≫ いちきのかるた や行

いちきのかるた や行

厄災はらう 馬頭観音

市来や馬頭観音

馬頭観音世音菩薩は六観音のひとつである。

馬の無病息災や、道中で死んだ馬の冥福を祈った。

町内では林道長牧広野線に明治十七年に建てられた馬頭観音がある。

勇壮華麗な 七夕踊り

市来ゆ七夕踊り

文禄慶長の役での島津義弘公の朝鮮役での活躍を称えて踊られたのが始まりと言われ、島津家の家紋をつけることを許された五穀豊穣の踊り。
  

用心重ねた 町門の跡

市来よ町門の跡

昔、串木野方面から湊町に入るところに門があり、これを町門といった。

町門の跡は今の天神町にあった。

この門は、湊町に出入りするための門で木や竹を組み合わして作られ、お仮屋に近いせいもあって、 町内の出入りを厳しく取りしまった。

2013年2月10日 16:38