トップ ≫ 2015年度記事

2015年度記事アーカイブ

1

地域力開発 委員会 委員長 濵田 拓志

昨年、これまでの功績を認められ、厚生労働大臣表彰を受賞した「愛のカーネーション献血」事業を担当させて戴く事になりました。本年度は献血の事を一般の方に、より一層広く知ってもらう事で、今までに献血をした事の無い方にも献血して戴く事を目標に、広報手段を創意工夫して事業行ってまいります。

「おたから発見★いちき串木野」事業は、市民一人ひとりにまちの魅力の再発見を目標に、事業を実施します。

上記2事業を実施するにあたり、委員会・会員一丸となって努力してまいります。皆様にご協力をお願いするかとは存じますが何卒宜しくお願い致します。

地域力開発 委員会 事業内容

  • 第35回愛のカーネーション献血(5月予定)
  • おたから発見★いちき串木野

2015年1月 1日 21:47    「2015年度 地域力開発委員会 活動内容」の全文を読む

青少年開発 委員会 委員長 田口 雅孝

 毎年多くの子供たちが参加する「JC杯 いちきくしきのかるたとり大会」を今年も開催いたします。子供たちには、かるたを通して地域の歴史・文化・伝統などをよりもっと学べる大会を開催することで、その実力を確認してもらうとともに、市内の他の小学校の子供たちと交流してもらう機会にしてもらいたいと思います。また、串木野青年会議所としては、地域の方々との関係性を持続し、多くの方々と触れ合える場となるような事業にしていきたいと考えています。
 青少年事業として、「(仮称)青少年交流事業 ライブRPG」に取り組みます。体験を通じて、仲間と協力し問題を解決していくことの大切さや楽しさを感じてもらえる機会や場にしていきたいと考えています。
 委員会メンバーが一丸となり、事業に取り組んでいきますので、ご理解、ご協力を宜しくお願い致します。

青少年開発 委員会 事業内容
  • JC杯 いちきくしきのかるたとり大会(2 月14 日)
  • 青少年交流事業 ~ライブRPG~

2015年1月 1日 21:46    「2015年度 青少年開発 委員会 活動内容」の全文を読む

役員
役職名 氏名 勤務先
理事長 長倉 寿賢 ㈱昭和ステンレス工業
直前理事長 藤田 崇史 ㈲藤田設備工業所 専務取締役
副理事長 栫 要一郎 ㈱富士工業所
副理事長 小原 雅史 串木野建設工業㈱ 代表取締役
専務理事 上小鶴 一善 上小鶴測量登記事務所 代表
監 事 西田 憲智 ㈲西田塗装 代表取締役
外部監事 榎木 直也 市来大里郵便局 主任
財務担当理事
兼 事務局長
今釜 誠義 亀﨑染工㈲ 営業
地域力開発委員会
役職名 氏名 勤務先
委員長 濵田 拓志 今堀安紀税理士事務所
副委員長 海邉 浩司 鹿児島信用金庫 串木野支店
委員 小薗 真一 ㈱南日本銀行 串木野支店
委員 児玉 和也 ㈱鹿児島銀行 串木野支店
青少年開発委員会
役職名 氏名 勤務先
委員長 田口 雅孝 えがおでドットコム 代表
委員 榊原 理史 鹿児島相互信用金庫 串木野支店
委員 蒲池 珠理 スナック海
委員 坂口 重樹 ㈲坂口造園
委員 平石 智也 濵田酒造㈱

2015年1月 1日 21:43    「2015年度 会員紹介」の全文を読む

公益社団法人 串木野青年会議所 2015年度 スローガン

感動をつなげ 未来へ
信じよう 自分の力と壮快な一歩

はじめに

 私は青年会議所に誘われるまで、地域の事を考えたこともありませんでしたが、入会以来青年会議所の運動や活動、さらには参画する様々な事業を通して、このまちの歴史や伝統・文化を学ぶたびに、故郷への魅力に気づくことが出来ました。

我々の故郷、いちき串木野は東シナ海に面した地形を活かし、海や自然溢れる恵まれた風土、そして特産品があります。
江戸末期に未来への夢と理想を求め羽島の地から英国へ19人の薩摩藩士の若者が旅立ちました。「二度と薩摩の地は踏めないかもしれない」との決意を胸に、英国へと旅立った、彼等は日本近代化への原動力となり、明治の新知識・先覚者として近代国家創建に活躍しました。この偉人達の未来を描き、一歩踏み出すことの勇気をこの故郷に住み暮らす人として継承していき、未来へ伝えて行くべきです。

想いの継承

 この素晴らしいまちに串木野青年会議所が創立して39年目を迎えます。
 去年は代々先輩方が継続してきた事業のひとつであります、「愛のカーネーション献血」が厚生労働大臣賞を受賞いたしました。今年で第35回目となる事業でありますが、献血の必要性を感じた青年の思いを、同感した青年たちが継承して採血者数日本一を記録した年もありましたが、34年間の築き上げてきた歴史と想いの継承の結果が受賞だったと思います。
 公益法人制度の改革により公益社団法人格を取得して3年目を迎えて、会員数の減少傾向ではありますが、創立以来の先輩たちが永年培ってきた地域を想う気持ちは今も会員全員に脈々と受け継がれています。これからも、会員一丸となってすばらしい事業への発展を目指し、努力してまいります。

 この度、大役を担うことになりましたが、創立以来、脈々と受け継がれてきた伝統・理念を大切にしながら、覚悟と信念をもって、今の時代に適した方法は何かをみんなで探しながら、活動してまいります。私たち会員が明るく楽しく前向きに活動していきながら、小さな成功を少しずつ積み上げていき、やがては自分の成長へ、地域の発展へ繋げていきたいと思います。

青少年育成について

 時代と共に変わり行く自然や環境であろうとも、街中に笑顔溢れる子供たちの声が響きあう社会は地域の宝であります。
現在、子供たちを取り巻く環境は携帯電話やゲーム機の普及によりインターネットの発展により、他人を慮る心といった日本人として古来より育んできた互譲互助の精神が欠如しているように感じます。
 また、核家族化の進行や地域とのつながりの気薄化により他者とのコミュニケーションが薄れがちになっています。
 そこで、地域の方々や自然に触れ合い、故郷とのつながりによって日本人のもつ思いやりや感謝の心を育むと共に、夢を描き目標に向かって行動する経験の過程や達成感の中から、個性ある豊かな感性を育む事業を展開し、地域の宝を育成します
 これらにより、誇れる故郷の歴史や伝統・文化の学びが、より一層の郷土愛をもった子供たちが次世代を担う成長の一歩を踏み出してくれると確信いたします。

地域とのつながり

 地域の活性化なくしては日本経済の景気回復はありえないといわれている現状で、移り行く時代の中であらゆるものが便利になり、豊かすぎるともいえる生活環境が当たり前となってしまった現在では、人とまちの関わりは、便利さ優先の社会の中で希薄になってきています。
 地域には受け繋がれている魅力や伝統文化などがあり、きちんと伝えることが必要であり、人と人との触れ合いが地域の繋がりの絆を深めていきます。
 青年がもつ行動力により、良い事業を摸索し構築していきながら、地域との連携を強化して繋がりの輪を拡げていきます。
 私たちは決して一人で生きているのではなく、家族や友人、そして地域の人達に支えられて生きているということ、感謝の気持ちを持ちながら豊かな心で地域の発展に繋げてまいります。

まちの魅力再発見

 まちづくりをしていくためには、郷土愛が必要だと思います。その為にはこのまちを人々の心に伝える必要があります。地域にすんでいると忘れがちになる様々な魅力を地域の宝として市民一人ひとりへの積極的な情報発信が重要ではないでしょうか。
 当会議所では「おたから発信 いちき串木野」としてホームページやSNSにて地域の魅力を発信してきましたが、これからも市民の皆様へ響く、確な情報を発信していきます。

最期に 

 本年は、いちき串木野市市制10周年という、記念すべき年を迎えます。今こそ、産学官民一体となって市民ひとり一人が誇れる故郷を創造しましょう。
 我々は、歴史ある青年会議所としての学び舎で、人とつながることを大切にしながら、同じ時代に、生きる仲間と共に成長し、まちの魅力や発展につなげてまいります。
 この時代に生きる証しとして、青年会議所活動を行なえることを誇りとし、家族や会社、企業や行政をはじめとする多くの方々のご理解とご協力に感謝の心をもって、夢と希望が溢れる明るい豊かな社会の実現に向けて・・・

2015年1月 1日 21:42    「2015年度 理事長所信」の全文を読む

基 本 理 念

温故知新、信念と勇気をもって、
青年らしく前向きに行動し、夢と希望が溢れる未来を創造する。

基 本 方 針
  • 歴史や伝統・文化を次世代へ継承
  • 子供たちに思いやりの心と健全な育成
  • 地域のたからを発掘による、魅力ある地域経済発展への推進
  • 地域社会への貢献する人事の育成
  • 政策本位による政治選択の推進や政治に対する市民参画意識の醸成
  • 地域創生による夢を描くビジョンの策定
  • 会員全員で取り組む会員拡大の推進
  • 魅力あるJC運動の発信
  • 地域から必要とされる活気ある組織づくりと人材の育成
  • 会員交流やJC運動を向上させる例会の実施
  • 創立40周年に伴う準備企画

2015年1月 1日 21:41    「2015年度 理事長 基本理念」の全文を読む

1